〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町2-1 渋谷ホームズ916号
Tel:03-3477-1135   Fax:03-3477-1833
E-mail: kalin@rondo.plala.or.jp
HOME中国へ行こう > 基本情報

■ 世界の5人に1人は中国人


中国は正式名称を中華人民共和国といい、世界で最も人の多い国として知られています。現在の人口は13億人を超えており、日本の約26倍の国土に56もの民族が生活しています。実に世界の5人に1人が中国人という計算になります。

■ 時差


中国は日本より1時間遅いです。日本が12時のとき、中国では11時。時差ボケの心配がほとんどなく、国際電話もかけやすいです。

■ 通貨


1元=10角=10分

■ レート


1元 = 14円~15円 (2009年11月現在)

■ 両替


銀行・ホテル内両替、大きなショッピングセンターでできます。両替時、「両替証明書」を渡されますが、これは再両替(残った人民元を日本円に戻す)時に必要ですので保管しておいてください。人民元は出国時、空港にて再両替できます。

■ クレジットカード


VISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースカードは外国人が利用するホテルや高級デパート、高級レストランなどでご利用いただけます。一般商店や小規模なレストランでは、現金での支払いが原則です。

■ 電圧・コンセント


中国の電圧は220V(ボルト)。対する日本の電圧は100V。日本の電化製品は海外対応のものが多くなってきていますが、念のため充電器の表示を確認してください。「INPUT:100V」と書かれていれば変圧器が必要「100~240V」とあれば海外対応なので、変圧器は不要です。
また、プラグ(コンセント)の形状には数種類あります。日本と同じ「A」タイプの他、下記の差し込み口があり、「O」タイプや、「C」タイプもあります。電器屋や空港で、300円ほどで販売しています。


■ 水


中国の水道水は硬水。日本人は軟水を飲み慣れているので、下痢をするおそれがあります。スーパーやコンビニなどで、ミネラルウォーターを購入してください。

■ トイレ


ホテルや街中、主要な観光地でもトイレの整備がかなり進んでおり、今はドアのないトイレを探す方が難しいです。ただ、紙がない事が多いので、必ずポケットティッシュを携帯してください。

■ 飲酒・喫煙


日本のようなタバコの自動販売機はなく、ビールやタバコはコンビニや小売店で購入できます。または、日本出国時に、空港の免税店にてタバコを購入すると良いでしょう。

■ 郵便


中国から日本へハガキを送る場合、3~7日で届きます。宛名、住所は「AIR MAIL JAPAN」と書けば、あとは日本語で大丈夫。ホテル内のみやげもの屋で絵葉書を購入し、切手は店員に尋ねれば日本へ送れる料金の切手を出してくれます。備え付けのポストかホテルのフロントから郵送できる。街中のポストの色は、グリーンです。

■ 気候


国土が広いため、場所によって気候にかなりの差があります。必要な持ち物も大きく変わってきますので、行く場所の気候は細かく調べておきましょう。全体を通して空気が乾燥している土地が多いので、女性の方はスキンケア用品を持っていくと良いでしょう。
地域ごとの特徴は以下の通りです。
【華北、華中、シルクロード方面】
夏は暑く、冬は寒い。春と秋が旅行にはベストシーズンです。
【内モンゴル、東北地方方面】
冬は気温が零下まで下がることもある。夏は気温は高いが比較的爽やかです。
【華南方面】
冬でも暖かいので一年中観光できます。

【西南方面】
冬も暖かく、四季を通じて観光にはベストな地域と言えます。ただ、盆地では夏は蒸し暑くなるところもあるので要注意です。
【チベット方面】
秋~春が乾季、夏が雨季にあたります。チベットの空気を味わうには乾季がオススメです。最近青蔵鉄道の旅が人気なので、体験してみてはいかがでしょうか。
豆知識 | 基本情報 | 中国渡航情報中国の世界遺産中国の四大仏教聖地中国へ行こうページに戻る